1. ホーム
  2. チケット
  3. 優待券/割引券
  4. ヤーマン 株主優待割引券
ヤーマン 株主優待割引券

商品説明

ヤーマン株主優待割引券  
      20,000円✖︎1枚ヤーマンオンラインストアでご利用いただけます。
ミネラル化粧品、美顔器  メディリフトなど人気商品が、
購入できます。
ヤーマン 商品のご購入をお考えの方、いかがですか?
利用条件等は二枚目優待券裏面の画像をご参照ください。

※有効期限: 2022年4月30日23:59



商品情報

カテゴリ チケット
› 優待券/割引券
› その他
ブランド YA-MAN

ヤーマン 株主優待割引券

ヤーマン 株主優待割引券

そんなときにググってよく見るのはヘッダでhost指定してやるやり方

  • ヘッダでhost指定する方法
    • curl -H 'Host:{$domain}' http://{$ip}/
  • --resolveオプションで名前解決させる方法
    • curl --resolve {$domain}:80:{$ip} http://{$domain}/

2つのやり方がありますよと。

ヤーマン 株主優待割引券

お仕事でサーバーの設定をしたときにググって知りたいことがあまり引っかからなかったので忘備録的な。。

デプロイサーバーの設定で一部の開発者にデプロイ権限を与えることに。サービスごとにデプロイサーバーにユーザーを作り、そのユーザーからデプロイを行う。

ただしsudoのすべての権限を与えるのでなく、あくまでデプロイユーザーになれる権限だけを。

「sudo なれるユーザー 制限」とか検索してもrootになれるユーザーを制限する方法とかばっか出てくるので。。。

sudoの設定は/etc/sudoersを編集するか/etc/sudoers.s/以下にファイル作るか。 書式はこんな感じ

root ALL (ALL) ALL
ユーザー ホスト 権限 コマンド

この書式の意味に関しては他にいくらでも書いてある記事があるのでこれ以上は省略

今回はこのsudoerの設定を使って以下の手順でデプロイの権限を制限した

  1. まずデプロイを行うユーザーをdeployとして作成
  2. deployグループを作りデプロイ権限を与えるユーザーをdeployグループに追加
  3. deployグループのユーザーにdeployユーザーになれるよう設定

ユーザー作成とグループの作成・追加は省略。 sudoerの設定は以下の通り

ヤーマン 株主優待割引券

本番環境同様にサーバー複数台でLB通してアクセスの来るステージ環境でサービスのある挙動のログを見たい時があった。

tailfでログ流しながら確認したいけどどのサーバーに来るかわからんと。

そのため全台確認するために同時操作がしたい。

まあ、こんなみんな考えそうなことは誰かしらやってるわけで、見つけてしまいましたよ…

★美品★ SONY α6500 ボディ

FRAY I.D プリントサテンギャザーブラウス +ナロースカート セットFURLA カプリッチョ 激安