1. ホーム
  2. ダイエット
  3. ダイエット
  4. ヒートスリム42℃ 5パック
ヒートスリム42℃ 5パック

商品説明

【ヒートスリム42℃ 5パック】

通常5パック¥18,903

6パックセットを買ったのですが
肌に合わなかったため未開封の5パック
出品します。



商品情報

カテゴリ コスメ/美容
› ダイエット
› エクササイズ用品

ヒートスリム42℃ 5パック

ヒートスリム42℃ 5パック


牛「うわ・・・なんだよこの部屋・・・!」


牛乳飲みたいはウォシュレィに連れられて地下のある部屋へ入った。


ウ「UNKの特設スタジオよ。ここで色々な実験を行っているの。」


UNKとはこの放送局の名前である。

牛「ああ、公にはできないな。」


ウ「じゃあ早速始めるよ。トイレ行ってきな。」


牛乳飲みたいは牛乳パックを取り出した。賞味期限はとっくに切れている。

それを一気に飲み干し、トイレへ走っていった。


数分後、牛乳飲みたいは帰ってきた。


ウォシュレィは手のひらからビー玉ほどの大きさの茶色の物体を生成した。


ウ「これが『便爆弾』。このくらいの大きさなら人は死なない。」


ウォシュレィはそれを牛乳飲みたいへ向かって投げた。そしてこう言った。


ウ「喝!」


茶色い爆弾は牛乳飲みたいの前方1メートルで小さく爆発した。


牛「おい、なにすんだよ!もし当たったらどうすんだよ!」


ウ「次は当てるわ」


牛「・・・!?てめえ俺を殺す気か・・・!?」


ウ「つべこべ言わずに受け止めてみなさい。」


ウォシュレィは再び爆弾を作り牛乳飲みたいの前で爆発させた。


ウ「喝!」


牛「ってええぇ!」


爆発は牛乳飲みたいの腹部付近で起こった。

牛乳飲みたいは吐血しながら後方へ倒れ込んだ。


牛「これを受け止めるなんて無理だろ!」


ウ「受け止めるにはコツがいるのよ。」


牛「・・・コツ・・・!?」


ウ「さっきの爆発、爆発の規模の割に体に応えたと思わない?」


牛「言われてみれば・・・」


爆発自体は非常に小さいものだった。少なくともその衝撃で吐血する程ではなかった。


ウ「気を集中させるのよ。あなたの便エネルギーをお腹に集めるの。」


便エネルギーなんて言葉を牛乳飲みたいは聞いたことがなかった。しかし不思議と便エネルギーを腹部に集めることはできた。

これがeX-MANの持つ本能なのだろうか。

ウォシュレィは再びビー玉程度の便爆弾を作った。

それを牛乳飲みたいの腹部目掛けて投げる。


ウ「喝!」


先程と同じような爆発が起こる。

さっきはこれで牛乳飲みたいは吐血したのだが。



牛「・・・全然痛くねえ・・・!」


ウォシュレィがニヤリと笑った。


ウ「これが便エネルギーの力よ。」

ウ「こんな罠にかかるあなたが悪いの。」


ウォシュレィはペットボトルの水を飲み干して話を続けた。


ウ「あなたは体力も知力もまだまだ私やハーミデーターには及ばない。でもこのままでは殺されてしまう。」

 

牛乳「ああそうだ。そのために・・・」

 

ウ「私としても好都合ね。私は近距離戦に弱い。あなたが強くなれば私の戦力になるわ」

 

牛乳「あんたの戦力になる気は無い。」

 

ウ「まあいいわ。私に考えがある。特訓に入りましょう。」

 

ヒートスリム42℃ 5パック


ここでみなさん、胸に手を当てて考えてみて欲しい。


私のargue COTTON RYOCELLWIDE SOFTFOODIE ECRUを話そう。

「おれ、小便止められるよ。」

ある日私がトイレに行くと同じクラスの齋藤くんが小便をしていた。

わたしも彼の隣に立ち、小便をする。

小便を済ませ、手を洗ってトイレを出ようとした時、齋藤くんを見ると・・・


彼はまだ小便をしていたのだ。


別に途中で小便を止めていたわけではなかった。彼は純粋な膀胱のキャパだけでこれだけの時間、小便をしていたのか。。。

十年前に崩れたはずの桑田佳祐 コカコーラ タペストリー 特大が再び私の前に現れた。



【新品未使用】鬼滅の刃 全巻セット 14巻なし
低価再入荷 Real 8枚×5パック 4枚 計44枚 Beauty ヒートスリム42℃ 送料無料新品ダイエット2022春夏新作】 Real 2パック ヒートスリム42℃ Beauty その他 - www ダイエットにコメント ヒートスリムの通販 by rerere .hiri 's shop|ラクマ ダイエット【新品】HEAT SLIM ヒートスリム42℃ 1パックダイエットダイエット— ヒートスリム42℃ by みなめい's shop|ラクマ 5パックの ダイエット

ヒートスリム42℃ 5パック

 

牛乳(何だこのメモは・・・!!)

 

 

牛乳(これはただのメモじゃない・・・!最初の6文字ってなんだ・・・??これは・・・!!)

 

俺は各行の1文字目に注目した。

 

牛乳「・・・そうか!ルイ・ヴィトン アメリカズカップ 世界限定1851本 激安 送料無料 美品だ!」

 

一出大学の俺の頭脳を持ってすればこの程度の暗号、一瞬で解読できる。

 

牛乳(ニンテンドー3DS LLホワイト&ソフト2点(ピクミン、ゼルダ)すると・・・「うんち、ぶり!」・・・?)

 

次の瞬間、牛乳飲みたいの脳みそに電気が流れた。

 

牛乳「もしかして・・・eX-MAN・・・!?『奴』か・・・!?」

 

これは一気に状況が変わるかもしれない・・・!!

 

 



美女はメモを落とすと屋上を後にした。

 

(運を天に任せるの。彼が明日来るか。)

 

後ろから番組ディレクターの男が声をかけてきた。

 

「ウォシュレィさん!出番ですよ!!」

 

「ええ、わかっているわ。」

 

便木・ウォシュレィ。

ハーフ系のアイドルとして芸能界を席巻するハタチの女性だ。

 

しかし、彼女には誰にも言えない秘密がある。

 

 


 

 

翌日、牛乳飲みたいはテレビ局に来た。


便木ウォシュレィ。誰でも知っている有名アイドルが俺を呼び出してきた。


 

ウ「そう。BRITのメンバーを殺したのは私なの。」

 

 

 

 

  • ダイエットダイエットReal Beauty / ヒートスリム42℃の公式商品情報|美容・化粧品情報は

  • ダイエットダイエット低価再入荷 Real 8枚×5パック 4枚 計44枚 Beauty ヒートスリム42℃ 送料無料新品

  • ダイエットダイエット超激安通販⊝ ヒートスリム42℃ by ほいほい|ラクマ 5セット専用の通販

  • ダイエットダイエットにコメント ヒートスリムの通販 by rerere .hiri 's shop|ラクマ

  • ダイエットダイエットReal Beauty ヒートスリム42℃ 1パック - メルカリ

  • ダイエットダイエットReal Beauty ヒートスリム42℃ 3箱セット エクササイズ ダイエット

  • ダイエットダイエットダイエット— ヒートスリム42℃ by みなめい's shop|ラクマ 5パックの

  • ダイエットダイエット【新品】HEAT SLIM ヒートスリム42℃ 1パック

  • ダイエットダイエット2022春夏新作】 Real 2パック ヒートスリム42℃ Beauty その他 - www

ヒートスリム42℃ 5パック

 

おれは牛乳飲みたい。eX-MANだ。

おれは謎のタンクトップの男にボコボコにされた。

そして強くなるためのキーマンとなる人を探している。

 

 

大森糞男にはこのことは言い出せなかった。

 

牛乳「あんな屈辱、親友に言えるかよ・・・」

 

おれは以前来たテレビ局を再び訪れた。

『奴』の手がかりを探すためだ。

 

しかし、手がかりはなかった。

防犯カメラを見ても犯行現場は全く写っていない。

 

牛乳(防犯カメラの位置を完璧に把握している・・・これはテレビ局関係者の犯行に違いない!)

 

しかしそれ以上の手がかりはなかった。

 

俺は途方に暮れた。

 

牛乳「奴は見つかりそうにねえ。でも、諦める訳には行かない、、、!」

 

 

その頃、例の美女はテレビ局の屋上にいた。

 

美女(ここはひとつ、あの子を試してみようかしら・・・)

 

美女は屋上からメモを落とした。

 

 

牛乳飲みたいは手がかりを掴めぬまま帰ろうとしていた。

 

牛乳(今日は収穫なしか・・・)

 

すると空から1枚のメモが落ちてきた。

 

牛乳(なんだこれは・・・!?)

 

メモには次のように書いてあった。

 

 

ヒートスリム42℃ 5パック

 

 

牛乳を一気に飲み干し、パンツを下ろす。

 

おれはうんこを漏らした。

 

タンクトップの男が携帯ウォシュレットをこちらに投げてきた。こいつやる気あるのか??

 

牛乳「余裕こいてること、後で後悔するぜ・・・!」

 

「そうだと面白いな」

 

俺はウォシュレットを使い終え、ズボンを履いた。

 

牛乳「いつまでそっち向いてんだ・・・よ!!」

 

次の瞬間、牛乳飲みたいは男の背後に瞬時に回り、背中にパンチを入れようとした。

 

牛乳(流石にこのスピードにはついてこれまい!)

 

しかし。 

 

牛乳「なに!?!?反応できるのか!?」

 

パンチは男の拳の中にあった。

 

「お前のスピードはその程度か。張合いがなくて残念だよ。」

 

男は俺の拳を離そうとしない。俺は全く抵抗できなかった。

 

「お前はパワーもないのか。」

 

牛乳「くっそ・・・!!」

 

謎の男はもう一方の手でおれのみぞうちを殴った。

 

牛乳「くっ、なんてパワーだ・・・!」

 

おれはその場に倒れ込んだ。

 

謎の男は顔色一つ変えずに語りかけてきた。

 

男「俺はお前が俺の相手にならないことくらい分かっている。俺が知りたいのは奴だ。」

 

牛乳「奴・・・!?大森糞男のことか・・・!?」

 

男「違う。とぼけるな。俺の部下を殺した奴のことだ。」

 

牛乳「それは、知らない・・・。本当だ・・・。

 

男「ほう?そうか。ならお前達も探すが良い。」

 

男「奴はお前達の仲間で、俺たちの敵だ。そしてお前よりも遥かに強い。」

 

男「奴を探して出してくれるなら今、命だけは見逃してやるよ。」

 

牛乳(・・・今はそうするしかないのか・・・)

 

牛乳「ああ、分かった・・・」

 

俺はひざまずいたまま力ない声で言った。

 

男「物わかりが良くてよろしい。じゃあな。」

 

謎の男はタンクトップのまま赤いスポーツカーに乗り込んで急発進した。

 

 

牛乳飲みたいはその場に取り残された。

 

牛乳「くそっ・・・!おれは無力だ!無力すぎる!!」

 

俺は地面を殴った。

 

牛乳「・・・。強くなるしかない。そのためには『奴』を探すしかない・・・!」

 

牛乳飲みたいは立ち上がった。

 

BRITのメンバーを爆死させた『奴』を探し出すため。

そして『奴』から強さを教わるため。

 

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる